2020年12月21日

年末年始の同窓会事務局業務について


日頃は同窓会活動にご協力をいただきありがとうございます。
年末年始の事務局の休業期間は下記の通りとなります。
ご了承ください。
 
<休業期間>
令和2年12月26日(土)から
令和3年 1月 3日(日)まで


※メール・留守番電話はお受けしておりますが、お返事は休業明けとなります。

今年は同窓会やクラス会などの開催も難しく、嘗てない大変な年となりましたが、同窓会は多くの皆様にご支援いただきながら活動をすることができました。
一年間ありがとうございました。
皆様、良いお年をお迎えくださいますようお祈り申し上げます。
そして、来年もよろしくお願いいたします。

 
posted by 事務局 at 13:35| 同窓会からのお知らせ

2020年09月07日

小松川高校ボート部へ支援金を贈りました


9月16から21日に大阪府立漕艇センターで開催される
『全国高等学校選手権大会特別大会』
に出場するボート部の選手16名へ、同窓会から会長・副会長が出席して9月5日(土)小松川高校校長室にて支援金給付式を行いました。

 ボート部支援金給付式202009052.jpg

後輩の皆さんの活躍を応援しています!

posted by 事務局 at 13:00| 同窓会からのお知らせ

2020年08月26日

次回同窓会会報原稿募集のお知らせ


同窓会会報編集担当からのお知らせがあります。 

同窓会会員の皆様には、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
既に、5月にお送りした本年の会報でお知らせしましたが、蓼科寮が本年度中に閉寮することとなりました。
同窓会では次号会報で蓼科寮の特集記事を掲載する予定です。
つきましては会員の皆様から蓼科寮に関する投稿を募集いたします。
蓼科寮に関する思い出、蓼科寮での林間学校のことなどをお寄せください。
募集要項は下記のとおりです。

【原稿】
字数800字前後(400字詰め原稿用紙2枚程度) 
できるだけ1原稿につき写真1枚を添付してください。

【思い出の写真】
写真のみお送りくださる場合は簡単な説明と撮影日をお知らせください。

投稿者の氏名・ご連絡先電話番号
 卒業期または卒業年を必ず明記してください


締め切り日 2020年12月31日

投稿方法は次の通りです。 

@原稿の郵送 
<郵送先>
〒132-0035 
東京都江戸川区平井1-27-10
松葉会館2階
小松川高校同窓会事務局 
会報編集担当宛

Aメールによる電子ファイル送信
(ワード、メモ、画像ファイルなど)
<メール送信先アドレス>
jimukyoku@shoyo.org

なお、紙面の都合で掲載できない場合がありますことをあらかじめご了承ください。



posted by 事務局 at 11:53| 同窓会からのお知らせ

2020年07月31日

8月の同窓会事務局業務について

 
 8月の同窓会事務局業務は下記の通りとなります。

  8月3日(月) 10:00〜13:15
    5日(水) 10:00〜13:15
    7日(金) 10:00〜16:00
  8月8日(土)から8月23日(日) 夏季休業

  8月24日(月)からは通常通りとなります。
    月・水・金 10:00〜16:00
    ( 祝祭日を除く )
  
 以上 よろしくお願いいたします。
posted by 事務局 at 12:49| 同窓会からのお知らせ

2020年07月15日

令和2年度小松川高校同窓会総会決議について


本年度は新型コロナウィルス感染症の蔓延により通常総会を中止し、書面による決議といたしました。

決議の結果は下記のとおりです。

有効投票数 1136票
 第1号議案 令和元年度事業報告
       賛成票 1136票 反対票 0票
 第2号議案 令和元年度決算報告
       賛成票 1134票 反対票 2票
 第3号議案 令和2年度事業計画(案)
       賛成票 1136票 反対票 0票
 第4号議案 令和2年度予算(案)
       賛成表 1132票 反対票 4票
 第5号議案 会則変更(案)
       賛成票 1135票 反対票 1票
 (賛成票には会長一任票も含みます)

以上の結果を受けまして、全議案は可決されました。
会員の皆様にはご協力ありがとうございました。

posted by 事務局 at 15:05| 同窓会からのお知らせ

2020年07月14日

【5/23 更新】蓼科寮 2020年の利用について

 蓼科寮はコロナウィルス感染拡大防止のため2020年の営業を断念し、そのまま年内に取り壊しすることとなりました。
 予約を入れて頂いた皆様、今年は利用してみようと考えていらっしゃった皆様には大変申し訳ございません。
 首都圏でも新たな感染者は減少し非常事態宣言解除も見えてきましたが、営業開始した場合の現地対応(感染防止策の徹底など)や、万一感染者が発生した場合の対応などを行うことが困難であるため、今年の営業を断念いたしました。最後の営業となる年に、このような事態になってしまい非常に残念です。
 


蓼科寮は昭和29年の開寮以来、現役小松川生の林間学校だけでなく、クラス会、親睦会、サークルの合宿、家族旅行などに利用されてきましたが、高校のカリキュラム変更により現役生全員が利用する施設ではなくなったことで、その維持管理に関わる費用の捻出が困難となりました。
PTA/PTA-OB/学校/同窓会の四者運営会議「蓼科連絡会」では継続に向け検討を行いましたが費用の捻出はいかんともし難く、やむなく本年の営業を最後に閉寮し、本年中に取り壊しすることを決断した次第です。

2020年は、9月から取り壊しを開始する関係で利用期間を短縮しての営業で準備を進めてまいりましたが、国の緊急事態宣言、また長野県知事からの「緊急事態措置を実施すべき地域との往来自粛要請」を受け、5月からの営業を見合わせておりました。

posted by 事務局 at 12:00| 同窓会からのお知らせ